読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳リビングごろごろ生活

住友林業で畳リビングのある家を建てました。家作りのこと、子育てのことなどノンビリと。

【ただの日記】結婚式がああああ

二週連続あるうううう。


御祝儀貧乏決定ですよ。
来月はもやしで生きていきます。


しかし、友達の結婚式自体は大好きなイベントです。
基本的にお祝い事が好きな性格ですし、こんなことでもないと会えないような昔の友達とも会えますしね。
世間的には不評な、夫婦のなれそめビデオなんかも大好物です。

何より、息子くんの世話を夫くんにお願いして、久々に一人旅ができます。
楽しみだな。



ただ、ひとつ困るのは着ていくドレス問題!

こんなとき、女に生まれたことをひたすら呪いたくなります。
なんで男性は毎回同じスーツとネクタイで当たり前なのに、女の場合はそうもいかないのか。


二十代の頃は同じグループの友達が立て続けに結婚したりすると、毎回同じワンピースを着るわけにもいかないので何着か持っていました。
まだ薄給だったわたしには痛い出費だったけど、若かったあの頃はドレスアップして友達と会うだけでも楽しかったのでいい思いでです。

しかし三十代になると、リボンがついていたり、ぶわっと広がったスカートだったり、テカテカした派手な色だったり、露出が多かったりするドレスを着ていたら、かなりイタイ…。
それにアノ「羽衣ストール」なんて羽織ったら、おしゃれな式場で浮きまくることうけ合いです。


だから、それらのワンピースたちには去年の大掃除のときに、オフハウスへ旅立っていただきました。今までありがとう。

手元に残ったのは普段使いもできる柄物ワンピたち。そして、シンプルな黒のノースリーブワンピのみ。
考えてみたら、このワンピースは、わたしが最初に買った結婚式用の服でした。
当時は初めての式で、とりあえずそこそこのブランドの無難なものを買ったつもりでしたが、こんなに長持ちするとは。

結局基本にして最強なのは、流行が変わっても年をとっても応用がきくシンプル黒ドレスなのか。これがいわゆる「リトルブラックドレス」というやつですね。

これからも大事に着続けていこう。


今やっている家作りも同じだな。
流行のインテリア追いかけるだけじゃなく、一生飽きない家を作らないと。



………なーーーんて、ちょっとした感慨に浸りながら、当日のコーデを考えようと、その黒ワンピに袖を通していたとき、

事件は起こりました。



あれ、あれあれ、変だぞ、

なぜか背中のファスナーが閉まらぬ、閉まらぬぞぉぉぉおおお!!

なんだこの肉はーーー!?


おかしい、そんなはずはない。
前回着たときにはするっと入ったはずだ。

記憶をたどってみる。

前回出席した結婚式は、料亭での結婚式だったから、あの時はお着物で行ったんだった…。

その前は…たしかにこの黒ワンピで行っている。でも…

あのときわたし、まだ二十代だったんだ…!
もう何年前のことだよーー!

慌ててサイズを確認して納得。
あの頃とは変わってしまったわたしに、この服は着られない(体型的な意味で。)



さて、困った!

幸いにも、今回連続している結婚式の出席者には共通の友人がいないもので、同じ服装でも大丈夫でしょう。

ただ、両方とも格式ある式場だし、受付をお願いされてるので、柄物ワンピやオールインワンはちょっと避けたい。

今回も着物で行くか?
でも二週連続で着付けを頼む方が逆に高くつきそう。

くっ…。ここは思いきって新しいワンピを買おう…。もったいないけど…。




というわけで、今日はシンプル黒ワンピ(二着目)を購入。くやしいです!
サテンでいかにもパーテー用だった一着目と比べると、今回はアクセサリーしだいで普段使いもできそうなもの。
使用頻度を考えて逃げに走ってしまった…。
特別感しか求めてなかった二十代のころとは選び方が変わってしまったなぁ。
汚れちまった悲しみに!




ああああ、リトルブラックドレスの汎用性は不変でも、わたしの体型は不変ではなかった……。せつない……。
それにしても、出産て恐ろしい。
体重は(やっと)ほぼ元に戻ったのに、体のラインはもう二度と元には戻らないのね。
頭ではわかっていたけど、この現実を一番ショックな形で突きつけられた気がします。



あ、今日は全然おうち作り関係なくてすみません!(今更)

Mステにイエモンが出てきてテンションがちょっと戻りました。
三十代ホイホイでしたね。
夫くんと大合唱でした。

今日も明日もお元気ディーーエーー!
ラブラブしぃょーーー!