読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳リビングごろごろ生活

住友林業で畳リビングのある家を建てました。家作りのこと、子育てのことなどノンビリと。

【間取り】独立型ウォークインクローゼットのススメ

前回の記事一階間取り② キッチンと贅沢スペース - 畳リビングごろごろ生活(仮)で、キッチン横にウォークインクローゼットを設けた話を書きましたが、その続き的なかんじで少し我が家のこだわりを。


我が家の一階には、わたし専用の三畳のウォークインがあります。



f:id:tatami5656:20160825232458j:plain


わたし専用と銘打っていますが、子供の着替えやら消耗品のストックやら詰め込まれるようになる気がしますが……。
まあ、そういう意味でも、普通のクローゼットと違って、ウォークインだと急な来客時など、ちらばった荷物をポンポン緊急避難できていいですね。
そしてここのクロスは遊びました!使いたかったけど、夫くんの理解が得られなかったメルヘン壁紙です(笑)
こんなとこにお金かけたくないので標準ですが。
またいつか披露したいですね。


また、広さは最低3畳は欲しい!というのがわたしの希望でした。
だってね、2畳だと全っ然ウォークでインできないんです。むしろ無理やりウォークする部分確保するだけスペースがもったいない!
2畳しか取れないなら、ウォークインにしないで普通のクローゼットの方が収納力あります!
あくまでわたしの意見ですが……。
そこが実家の建て替えで後悔したポイントのひとつなんですよ…。

あと、普通に2畳だと足りません!
これはなかなか夫くんに理解してもらうのが難しかったです。
「足りるだろ!」と……。足りてたら今の部屋こんなちらかってないだろっつーの……(遠い目)


あ、話がそれました。
それでこのウォークインですが、二階には旦那専用のがもう一個あるんです!


それがこちら。
どーーーん↓



f:id:tatami5656:20160825234924j:plain


あ、広さは2畳です、あんなに言っておいて(笑)
だって夫くん、十分だって言うから……!

しかし、見ていただきたいのはそこではなく、ウォークインの入口がどこにあるか、です。



もう一回どーーーん

f:id:tatami5656:20160825234924j:plain

わかります?
そう、

寝室とつながっておらず、廊下から出入りするんです!


夫婦それぞれ別のWICを、寝室につなげずに作る。
これが我が家のこだわりです!


実は、初めは設計士さんも、ごく当たり前のように寝室と一体となったWICを考えてくださってました。
また、私たちも展示場や自家自讚のカッチョイーWICを見て、「あえて腰壁にして天井は寝室とつなげてもいいねー♡」などと、今とは正反対の希望を出してたりしました。


その考え方が変わったのは、ある完成見学会に行ったことがきっかけです。

そう、何を隠そう、うちの担当営業さんの自宅の見学会です!!


もうこれは本当に偶然の、ナイスなタイミングだったのですが、ちょうど営業さん、家、建ててたの(笑)


いやー、これはこの営業さんに付いていこうって思う決め手でもありましたね。
自分が実際に自社で家づくりをして、良かったこと失敗したことなど、施主目線でアドバイスくれたので!
高価な提案工事は、なかなか採用に勇気が要りますが、営業さんが自分の家で採用しているものなら、「儲けのことだけ考えて勧めてる訳じゃないんだな」と思えますから。


で、この営業さんのご自宅で目からウロコが落ちたのが、独立型ウォークインクローゼット。
ご自身のものと奥様のものと、それぞれ別々に、廊下から入るかたちで造られていたのです。寝室とは、廊下を挟んで反対側にあるかんじですね。

「WICは寝室と一続き」という先入観のあった私たちはびっくりして、なぜこのようなかたちにしたのか聞きました。

彼の答えは一言。

「だって……奥さんに気を遣いますから!」


やはり営業さんの勤務は不規則で、毎日夜中まで残業だし、朝とんでもなく早く出ていくこともある。
そうなると、彼が着替える時間帯は、だいたい奥さんや小さなお子さんは寝室で寝ている。
それなのに、わざわざで中でガサガサ着替える仕様にしても誰も得をしない、というわけです。

そして、お互いに服のしまい方などは独身時代からの習慣があり、一緒のクローゼットなんかにしたら絶対ケンカになる!
だったら、二つ作ればいいじゃない!というわけです。


これがね、我が家の場合でも当てはまっていたんです。


うちは逆に、妻であるわたしの方が出勤時間が早く、たまに土日も早朝から仕事に行かなければならなかったりということが多いのですが。
たしかに今のアパートでは、土日の早朝など、休日でグッスリ寝ている夫くんを起こさぬよう、寝室で息を殺して支度をしていました。
いやー、育休中で忘れてたわその感覚!


ということで、我が家でも独立型WIC採用が決定!

でも、さすがに間取り的にWIC二つは無理かなぁと諦めかけていました。
しかし、考えてみたら、外にWICがあるなら、寝室は本当に寝るだけの部屋になるわけなので、ベッドがおけるだけの広さがあればいい……。
そう考えて、寝室には収納を一切つけず、ギリギリまで狭くし、その分を夫くんのクローゼットにしました。

さらに、一階に予定していた風呂場を、二階に変更したことで、わたしの(家族の?)クローゼットが一階に!

こうして、無事にわたしと夫くん、それぞれの城を手に入れることができたのです!



これ、ほんとに実現できてよかったと思います。
だって、わたしは超ズボラで適当に詰め込んじゃうタイプなのに対し、夫くんは自分のテリトリーが荒れてると落ち着かないタイプ。

……怒られるのが、目に見えてましたから!わたしが!



ちなみに、営業さんは入居して数ヶ月たちますが、独立型WICの使い心地はいいみたいです!安心♡


間取りによっては、どうしても部屋と一続きにせざるを得ない場合もあるとは思いますが、ある程度自由がきく場合には検討の価値ありだと思いますよ!


以上、アベコが営業さんちのアイデアをパクった話、その①でした。(まだあるのか)





参加してみた↓
にほんブログ村テーマ 間取りへ
間取り

にほんブログ村テーマ 新築・リフォームの間取りアイデアへ
新築・リフォームの間取りアイデア

ポチっとな、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村